【残酷な世界】愛だけじゃ生きられない、愛なしじゃ生きる意味がない

シェアする

GLAYのTERUとフィリップ・マーロウが同じようなことを言っています。(書いた人は違いますけどね。)

TERU:「愛だけじゃ生きられない 愛なしじゃ生きる意味がない」
(From “Satellite of love” Written by TAKURO)

マーロウ:「タフでなければ生きていけない。優しくなれなければ生きている資格がない」
(From “Playback” Written by Raymond Chandler)

今回は「愛だけじゃ生きていけない、タフにこの世を生きる力を身につけなければならない」というテーマでお話をしたいと思います。

このブログでも何度か書いているのですが、僕が頑張って仕事をして報酬を上げようとしたり、リストラされないように会社にとって必要な人材になろうとしたり、自分のポータブルスキルを磨こうとしたりしている目的は、自分と家族を守るために他なりません。

1年後に大規模リストラがあると想定して仕事をしてますか?でも書きましたが、たとえば奥さんが専業主婦で、夫がリストラされたら愛する家族を守れないというケースに該当しますね。優しさや愛だけでは生きていけないということが分かると思います。

進撃の巨人を読んでなるほどなーと思った考えがあります。それは

この世は残酷だ。そして、とても美しい。

ということ。

A duckling's tragedy #3

これ、目を背けてはいけない現実だと私は考えています。TAKUROがSatellite of loveで表現している「歪んだ世界」というのはこの残酷な世界を表しているのかもしれません。人間以外の全ての生物は弱肉強食の世界で生きています。人間には隣人愛の考えがあり、集団で幸せになろうという考えが強いので社会全体でのハッピーを強く考えていますが、基本的に弱肉強食の世界にいることに代わりはないと思っています。それはいくら目を背けたってダメ。世の中の至るところで感じ取れるはずです。

原発事故が発生して、福島を離れたくても離れられない人もいる。身体的な事情、金銭的な事情、家庭の事情などさまざまに。(もちろん福島が好きで居るという人に何も言うつもりはありませんが、離れたくても離れられない人のことをさしています。)
私の知人には関東を離れて関西に非難した人が何人かいます。特に小さい子供は放射能による影響を受けやすいので、こどもが大きくなるまでは非難をするとのこと。これができるのは、「関西に逃げても食っていける力(自営で食っていける力貯金転職市場での価値の高さ、転勤を希望して了承を得られるだけの人脈など)」があるからに他なりません。

私はアベノミクスによって特に大きな利益は得られませんでした。多く持っていた人は株を買って大きな運用益を上げることができましたね。私は力を持っていなかったため、アベノミクスでいうと負け組でした。世の中では「恩恵を受けたのは金持ちだけ」と揶揄されていますが、恩恵を受けられなかったのは我々に「投資する資金がなかった」「投資の勉強をしていなかった」「投資する勇気がなかった」「知識不足、判断ミス等で投資に失敗してチャンスを棒に振った」 と、我々側に原因があるのです。間違っても黙っていればアベノミクスが勝手に我々を豊かにしてくれるわけありません。

大学受験に失敗したらかなりの打撃を受けます。浪人時代も予備校に通うため、本来4年分でいい学費を5年分払わないといけません。少なくとも1年分働き始めるのが遅くなるので、生涯年収が1年分減ります。自分が浪人中、同じ年に受験に成功した友達は楽しそうに大学生ライフを送り始めます。わりと常に「現役」の人たちに引け目を感じます。

親の年収が少ないと子どもは勉強の環境をすら整えられません。塾に通わせてもらえない参考書を気兼ねなく買うことができない。現実にとある地域では次のような事例があるそうです。(出典わすれました。。。)
A小学校(比較的裕福な家の集まる校区)とB小学校(都営住宅=世帯年収上限あり=比較的平均年収の低い家庭中心の校区)の卒業生が進学する中学校があり、この中学校を卒業した生徒のうち、A小学校卒業生は約40%が大学に進学し、B小学校卒業生からは5%も大学に進学しなかったと。国立大進学にも親の所得差くっきり 06年調査から一転にもあるとおり、裕福な親のもとに生まれるのとそうでないのとでは、この学歴社会においての競争で始めからスタートラインでハンデがあるのです。

すべてが平等であれば良いのなら社会主義にでもすれば良いのですが、ソビエトの二の舞です。完全な平等など、ただの夢です。

その上でですが、やっぱり僕らは生きてく強さを追い求める必要があると思うのです。

金を稼ぐ力、リストラされないだけの社内での高い評価、健康でいられる体、良好な人間関係、健全な精神、危機管理能力、緊急時の正しい判断力、泥棒など奪おうとする輩に奪われない備えなどなど様々です。ここに挙げた生きてく強さについて、他人任せにするのではなくて、普段から意識して身につけていきたいものです。
たとえば日本が沈没した場合や、仕事上急に海外に行く必要性が生じたタイミングで英語の勉強を初めても間に合いませんね。

「英語は喋れませんので。。。」なんて言おうものなら「じゃあホームレスにでもなれば?」と言われても仕方のないことだと思います。

これは持論ですが、どんなことでも備えあれば憂いなしだと思うのです。逆に年金に頼って貯金をしない生活をしていて「年金制度が崩壊したらどうしよう」なんてビビりながら暮らしたくありません。

冒頭のGLAYの歌詞に似たようなものを見つけました。

生きてく強さを重ね合わせ 愛に生きる
努力が実れば そうたやすく もう迷わない(From生きてく強さ)

迷わないように自分で努力することは非常にポジティブで楽しいものです。結局全ては自分に返ってくる、メビウスの輪ですから。

いつ東京大地震が起きるか分からないし、隕石が落ちてこないとも限りません。原発が爆発したり外国から攻められたりする可能性だってゼロではありません。そんな非常時では国の保護なんてあり得ないし、周囲も自分のことで精一杯。そんな時でも自分自身や大切な家族を守れるだけのタフさを持てるように努力してまいりたいと思います。

最後に、新約聖書の超有名かつ解釈のイロイロ分かれる聖書の箇所を紹介して終わります。

スポンサーリンク

マタイによる福音書 第25章 第14節から30節

ちなみにタラントンとはお金の単位です。よく「一生で稼ぐ額」などと言われます。そしてこれは新約聖書のたとえ話の暗黙の了解ですが、主人とたとえられるのは、すなわち神様をあらわしています。

「天の国はまた次のようにたとえられる。ある人が旅行に出かけるとき、僕たちを呼んで、自分の財産を預けた。それぞれの力に応じて、一人には五タラントン、一人には二タラントン、もう一人には一タラントンを預けて旅に出かけた。(25:14-15)

早速、五タラントン預かった者は出て行き、それで商売をして、ほかに五タラントンをもうけた。同じように、二タラントン預かった者も、ほかに二タラントンをもうけた。しかし、一タラントン預かった者は、出て行って穴を掘り、主人の金を隠しておいた。(25:15-18)

さて、かなり日がたってから、僕たちの主人が帰って来て、彼らと清算を始めた。まず、五タラントン預かった者が進み出て、ほかの五タラントンを差し出して言った。『御主人様、五タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに五タラントンもうけました。』主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』次に、二タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、二タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに二タラントンもうけました。』主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』(25:19-23)

ところで、一タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、あなたは蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集められる厳しい方だと知っていましたので、恐ろしくなり、出かけて行って、あなたのタラントンを地の中に隠しておきました。御覧ください。これがあなたのお金です。』(25:24-25)

主人は答えた。『怠け者の悪い僕だ。わたしが蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集めることを知っていたのか。それなら、わたしの金を銀行に入れておくべきであった。そうしておけば、帰って来たとき、利息付きで返してもらえたのに。さあ、そのタラントンをこの男から取り上げて、十タラントン持っている者に与えよ。(25:26-28)

だれでも持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。この役に立たない僕を外の暗闇に追い出せ。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。』(25:29-30)

たとえ話のなかではかなり異色なこのタラントンのたとえ。私個人的には最後の一文、「だれでも持っている人は更に与えられて豊かになるが」というフレーズには共感します。ある意味仕方のない部分だと思っています。そして取り上げられて歯ぎしりする人というのは、せっかく与えられたタラントンを活かさなかったことをとがめられているのだと思っています。タラントンとはタレント(才能)の語源になった言葉と言われています。持てる力を活かして努力することの大切さをといているものかと。すなわちそれは、黙っていればお役所や会社が良くしてくれるわけはないということでもあると思っています。

ちなみにこの動画は、文中でさりげなく歌詞が登場したGLAYのサバイバル。おそらく日本で唯一発売されたビデオシングルwです。


進撃の巨人、最新巻11巻までのセットも売っているようです。私は全てKindleで買ってしまいました。。。

ハタラクティブ
関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

フォローする