「嘘つけ(笑)」と思えるExcel裏ワザ発見!Excelで曜日を表示する方法

シェアする

「できたら便利だろうなー」というテクニックをちょっと調べていたら、「え!wそんなやりかたなの!w」というものを見つけたので紹介します。

まずちょっとだけ仕組みの話をします。Excelで日付をセルに入力することはよくあると思います。Excelでは日付はシリアル値という持ち方をしていて、たとえば2014年8月26日は41877という整数で表されます。1が1900年1月1日。(時間を扱うときは小数部で表される。2014年8月26日の15:00は41869.625となります。こんなこと知らなくても良いです)

したがって単純に8-26と入力しても、それをExcelは日付を入力されたと認識してシリアル値変換をして今年の”年”と一緒に値を格納します。ちなみに今日の日付を入力するときはCtrl+;です。こちらもお試しあれ。

ここまでが仕組みの話です。こっからが本題。

そうすると当然その日に該当する曜日も分かるわけです。よって次のような表を作る時にいちいち「月」「水」と入力する必要はありません。とある裏ワザを使えばOKなのです。

GLAYライブ日程

こういうファイルを作る時は

という風にして、

urawaza

セルの書式設定(Ctrl+1)→表示形式→分類:ユーザー定義
種類:aaa

と設定します。

aaaってw

ちなみにaaaaと設定すると次のようになります。

aaa:月や水などの曜日部分のみが表示される
aaaa:月曜日、水曜日と表示される

なぜaaaなのか、そしてaaaaなのかはマジで謎です!!
ちなみにdddだとMon,Wedになり、ddddだとMonday,Wednesdayになります。

ほかの言語は知りません。bbbとかcccとか試したけど謎でした。

スポンサーリンク

応用編

aaaが曜日を一文字で表すので、これを応用して書式の種類をm”月”d”日” “(“aaa”)”としてみます。すると

このように一つのセルですべてを表示することが可能です。

是非お試しあれ!

ハタラクティブ
関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

フォローする