Googleとかのセキュリティ設定の「二段階認証」って何?

シェアする

FacebookとGoogle、それからEvernoteなどのセキュリティ設定にて
二段階認証を設定しました。

「今までやってなかったのかよアホ」って人と「何それおいしいの?」という人が
いると思いますが、そういう人のためにちょっと。

スポンサーリンク

二段階認証とは

通常だとたとえばFacebookは、メールアドレス&パスワードの組み合わせでログインできます。ちなみに電話番号も登録していればメアドの変わりに番号でもOK。
で、このメアド&パスワードってのは今や世界中のサービスでのスタンダードですし、サービスごとにパスワードを覚えておくってのは実質不可能です。
だから使い回しをしたり、何かにメモをしたりしちゃいますよね。しかもいたるところでパスワード流出事故が発生する。

もうパスワードだけの管理ってほとんど限界が来ていると思うのです。

【秘技伝授】安全な使い回しパスワードの設定方法
ヤマト運輸や佐川急便のサービスから住所などの個人情報が抜かれたようです。何が起きたかというと「別のサービスで流出したIDとパスワードの組み合...

で本題です。二段階認証とはこのメアド&パスワードに加えてもう一つパスワードを求めるのです。だから二段階認証。
そして、二段階目のパスワードは「毎回変わるパスワード」です。厳密にはパスワードというより6ケタの数字です。
よってパスワードが流出しても安全。毎回変わるパスワードは僕しか知らないから。

一般的にはログインの度にFacebookやGoogleから6ケタのコードがSMSで携帯電話あてに送られてくるので、それを入力するの。ちなみに私は専用のコード発行アプリを使っています。

つまり携帯電話を無くしさえしなければ絶対他人がアクセスすることは不可能。6ケタのコードなので偶然あたる確率は999999分の1です。万が一その携帯電話を無くしても大丈夫なように、上記の発行アプリを自宅の予備androidに入れておく。そうすればログインはできるのでパスワードを変更すればOK。

ちなみに自宅のパソコンなど、信頼できる端末からのアクセスでは二段階認証を求めないという設定もできます。

二段階になると一気に面倒くさくなるんだろうなと敬遠していた私ですが、実際に使ってみると全然苦じゃないです。オススメです。

特にGoogleとFacebookは他のサービス連携をかなりしているので、乗っ取られたら非常に多くのサービスが大変なことになる。もっとも乗っ取られたらまずいアカウントなのです。

サイバー犯罪が蔓延している世の中ですが、テクノロジーは適切に使えば素晴らしいもの。
皆さんもご自身のアカウント管理を見直してみては?

ハタラクティブ
関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

フォローする