androidの致命的なバグに、日本のメーカーやキャリアはどう対処するのか

シェアする

androidで致命的なバグが発見されました。MMSでビデオメッセージを誰かが自分に送りつけた瞬間に、自分のスマホを乗っ取ることができます。つまり怪しいメールは開かないという自衛作戦も行えず、ただただ「自分のスマホがターゲットにならないように」怯えるしかないという状況です。

対策ですが、Googleは既にこのトラブルに対するパッチを提供していますが、このパッチを適用するにはメーカーによるアップデートを行う必要があります。つまり自分からGoogleの提供するパッチを取りに行くことができず、メーカー(Sonyやら富士通やら)がパッチの修正内容を取り込んだ新しいバージョンを出荷するのです。

androidベースのスマートフォンは、Googleが作ったandroidをもとに、メーカーが手を加えています。更に言えばdocomoやauなど、キャリアも独自のカスタマイズを行っています。(docomoで買えばdメニューなどの邪魔でうざったいアプリが大量にプリインストールされているetc)

カスタマイズを行って純正から形を変えれば変えるほど、パッチなどの作業は困難になります。Googleが直して、それを受けてSonyがまた直して、そしてdocomoで販売したスマホにアップデートを提供しても大丈夫かテストをする。このテストはdocomoがするはず。とこのように段階を経る必要があるし、どこかで不具合が見つかればそこでまたやり直し。

信じられないことですが、2014年の10月にリリースされたandroid5(Lollipop)は、未だに国内キャリア向けのスマートフォンには旧OSからのバージョンアップが適用されていません。例えばXperiaZ Ultraでは3月頃に海外版のZultraにLollipopの配信が始まっていますが、国内は「対応します」という報告が上がったっきり音沙汰なし。ついでに言えば、SonyはXperiaZ1という機種について、海外版では最新バージョンのLollipopを提供しているのに、docomoが販売する国内版についてはバージョンアップを提供しないことを発表。国内キャリアはホントユーザーの方を向いていません。

今回の致命的バグに対する修正も、Google純正のNexusを使っているユーザーが最も早く提供されます。そしてこの後はメーカーが修正バージョンを作り次第、海外版から早く提供されていくでしょう。国内版はいかに。

そして気になるのは、既にバージョンアップを中止しているandroid3で止まっているような端末への対応はどうするんだということ。既にサポート終了ということで無視するのか、それともしっかり対応するのか。個人的にはこれだけ致命的なバグなので、全てのバージョンに対して修正を提供すべきだとは思います。なかなか大変だと思いますがが、経過を見て行きたいところです。

スポンサーリンク

対策はあるのか

自衛策になるのかどうか分かりませんが、一応SMSの受信は拒否するようにしました。SMS拒否の設定でMMSも拒否ってくれるのかどうかは分からないけど。ドコモの方はdメニュー→お客様サポート→各種設定の一覧を見る→あんしん・安全→SMS拒否設定で設定可能です。

早くアップデートで対応してほしいものです。加えて、早くロリポップを旧機種にも下ろしてほしい。。。

ハタラクティブ
関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

フォローする