ジョブキューというQ&Aサービスを私がオススメする理由

シェアする

最近ジョブキューというサービスにちょいちょい顔を出しています。

jobq

Yahoo!知恵袋みたいなユーザー同士が質問に答えあうサービスってこれまでもたくさんあって、たとえばQixil(キクシル)というサービスにも一時期入れ込んでいました。ブログだと大衆向けの内容になるので色々な人のことを考えながら書かないといけませんが、こういうマンツーマンで質疑ができるサービスというのはコミュニケーションの濃さも好きです。

スポンサーリンク

JobQの魅力とは

ジョブキューとは「キャリアや仕事に特化したQ&Aサービス」といえば良いですかね。会社の現状がこうで、転職を考えているけどアドバイスが欲しいとか、高校生が自分のキャリアが心配で・・・とか。高校生の質問なんて、個人的にめっちゃ張り切って答えちゃいます。すげー力になってあげたい欲がでてくるのです。

あとジョブキューで特に特徴的なのは「○○株式会社について質問です」といった特定企業についての質問・回答がリアルで面白いです。就職活動中の人なんかぜひ参考にしてほしいです。某「V○rkers」も企業に特化した情報が拾えますが、あのサイト最大の弱点は回答者がほとんど退職者なんですよ。それか退職を検討している人。まだまだ日本ではネガティブな退職が多いため、退職を検討≒会社に嫌気がさしはじめているということが濃厚です。よってネガティブ情報がさらに尾ひれをまとったりしますから要注意。

反対にジョブキューはポジティブな質問(明るい未来を知るための質問)が多いようで、それに対する回答者もその会社にポジティブなことが多いです。たとえば「○○コーポレーションへの就職を考えているのだけど配属の決め方が気になっています。自分は理系で・・・・」みたいな自分の将来の不安払拭とかですね。それに対してその企業に勤めている人が(できるなら)不安を払拭する発言をして「待っているよ」などと添えるわけです。なんて気持ちの良いコミュニケーション!

キャリアの相談や職場の悩みを聞いてもらう場としても、ジョブキューを使ってみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブ
関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

フォローする