いつか日本から放り出されたときのために。英語の勉強どうしよう。

シェアする

April foolのウソが年々激しくなってきたと思いませんか。

一番ビックリしたのは、乙武さんが「手足生えてきた 」とツイートしたこと。
16000件もリツイートされていました。

私は昨年に引き続き、Facebookで交際ステータスを独身から交際中に変更するというかわいいウソをつきました。皆さんはどんなウソをつきましたか?

さて、今日のお話は英語の勉強についてです。
最近グローバルで活躍できる人材になるためにというような本を沢山(※最下部で紹介)読んでいて、英語はできなくてもよいけど、やっぱり英語ができないとマイナスポイントではあるという意見が多いなと感じています。ちなみに加えると、多くの人は英語が必須と思っていますが、実はそうではないらしいです。
これは私もそう思います!英語は1つのツールでしか過ぎないから自分の意見を伝えるすべを英語での会話以外で持っていればよいかもしれない。ボディーランゲージ、通訳、Google翻訳など自分が英語ができなくてもコミュニケーションがとれれば、大丈夫だと思います。

でももちろん英語ができるに越したことはありません。
そして英語はこれからの世の中、重要なポータブルスキルといえると思います。

でも英語を勉強する時間があれば他のビジネス書を読みたい、ブログ記事を書きたい、という思いがあります。ではどうしようか。

寝ながら英語を聞くだけで効果があるんじゃないか?という仮説が浮かびました。

ということで昨晩から試してみました。まだ効果があるわけじゃないと思いますが、しばらく試してみようと思います。

私の特技として、「おんなじ映画を何度でも観られる」というものがあります。
なので完璧に日本語でストーリーや会話を理解している映画であれば英語だけ聞くということは効果があるのではないか?と考えています。

1ヶ月くらい続けて、効果を測ってみます。

他にも皆さん、時間がないなかで英語を勉強している工夫があればおしえてください。

ちなみに、私が試した映画はこれです。
珍しいといわれますが、もっとも好きな映画です。音楽も食も映画も、王道が好きなんです。

※【紹介】グローバル人材として活躍するため(系)の本
180日でグローバル人材になる方法
世界で勝つグローバル人材の条件
君は、世界がうらやむ武器を持っている

これらの本を読んでいると、すくなくとも20代のうちに海外を経験しておくべきだと強く認識させられます!海外で経験をつんでいないやつはダメだ!とまではかかれていませんが、海外での経験は今後のビジネスにおいて、非常に重要だとわかりました。これはまたいずれ、記事にしますのでお待ちください。

おそらく今年中に海外転勤希望を提出することになると思うので、それまでにリスニング力だけは鍛えておかないとと考えています。目標ができるとなんにでも精力的に取り組めますね!

ハタラクティブ
関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク