【GLAYLIFE.comに引っ越しました】GLAYのEternallyを聴いて感じたこと

シェアする

長く続けているから得られるものもある。

次のフレーズをご存知でしょうか。

絶え間なく注ぐ愛の名を 永遠と呼ぶことができたなら
言葉では伝えることがどうしてもできなかった
優しさの意味を知る

問答無用で知らない人はいないであろう名曲「HOWEVERの歌詞です。

このHOWEVERの16年後にあたる2013年にリリースされる「Eternally」の歌詞が、非常に面白いのです。(Eternallyの動画は記事の末尾に埋め込んであります。)

–歌い出し
「出逢いはとても不思議な時の贈り物ね・・・」
偶然僕もそう感じてた 永遠のすぐそばで

–ラストの歌詞
「出逢いはとても不思議な時の贈り物ね・・・」
偶然僕もそう感じてた あなたのすぐそばで

つまり歌を通して「永遠」を「あなた」に変換しているのです。

HOWEVERでは「愛を永遠と呼ぶ」でした。

歌詞を書いているTAKUROが意図していたかどうかは分かりませんが、
【あなた-愛-永遠】
これを16年かけて結びつけています。

「愛を永遠と呼べたらならば」と書いていたTAKUROさんが、16年後に「あなたは永遠である」と表現したことについて、16年越しにあなたへの愛は永遠である」と言っているように感じました。これに気づいた時、素晴らしく綺麗なアートだなと感動しました。

この気付きと感動は、16年以上GLAYを聴き続けてきたからこそ味わえるものだなと思いました。

こういう時に継続することの素晴らしさを感じますが・・・

続きはこちらでお読みいただけます。
この度GLAY特設サイトを開設しました。
GLAY関連記事はターゲットが「働くって楽しいぜ!」と異なるため、
特設サイト「GLAY LIFE.com」にて執筆を続けてまいります。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

ハタラクティブ
関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. さき より:

    すばらしい分析ですね。
    TAKUROは「HOWEVER」や「BELOVED」の主人公が成長したところを「Eternally」で描いたと言っていましたから、お考えのとおりだと思います。

    ただ面白いのは作詞者であるTAKURO自身が「永遠」というものを信じていないということ。

    この奥深い感じ。だからGLAYはやめられない^^
    わたしもあなたと同じ、1997年からGLAYしか聴いていないし、これからもGLAYしか聴かないと思います。