【私は全面的に肯定】橋下市長の従軍慰安婦発言の意図は一体なに?

シェアする

橋下氏は従軍慰安婦にまつわる発言の結果、四面楚歌になっていると言ってよいと思いますが、彼の発言のどこがいけないのでしょうか???はなはだ疑問です。

この問題は、非常に深い歴史的、倫理的、国際的などいろいろな背景がありますから1+1=2のように単純な解のある問題ではないし、単純に「日本が悪い」とか「慰安婦は日本の罪だ」といえるものではありません。橋下さんも何度も主張していますが、大戦中のあの時代は慰安婦制度はどの国でもあったわけですよ(参考従軍慰安婦 – 日本の現在(危ない日本))。もちろん、だからといって「日本は間違っていなかった」というわけではありません。時代が違えば倫理観も違ってくるのは当然のことです。織田信長が何人殺したとか誰が議論の対象にしますか。「当時はそういう時代だった」のです。それこそ10年前はテレビで今では放送されないようなアダルトな内容が放送されていました。たった10年で倫理観が変わるし、その時代の特殊な事情(世界大戦中であるという点)を考慮しても、当時はそういう時代だったということは出来る。もちろん今後同じようなことをすることを断じて許すべきではないし、その事実を受け止めて反省をするということは大切です。橋下さん自身も「当時は」とちゃんと言っています。

そもそも日韓における従軍慰安婦問題は「韓国人女性を強制連行したか否か」なはずです。慰安婦制度があったこと自体を問題視はしていないという認識。で、この強制されたものだったのかどうかが問題の焦点であって、河野談話吉田清治の記述で問題が浮上したわけです。

閣僚たちが「あえて発言をする意味があるのか。」と言っていますが、これは的外れな批判であると私は思います。【橋下氏の慰安婦容認】 閣僚から批判、疑問相次ぐ

◇彼の発言の意図とは?◇

橋下さんの従軍慰安婦発言は正しい

橋下徹氏

ここから私の自論を述べる、タイトルの内容に言及します。彼の発言の意図とは?です

おそらく彼は慰安婦問題を皮切りに、今まで日本国民が盲目的に目を背けていることに対して目を開かせようとしているのだと私は考えています。TPPなんて交渉参加がなぜこんなに遅れたのでしょう?「TPPは日本を崩壊する」という根拠のないバイアスに目隠しされていたのでないでしょうか。交渉参加して交渉の末にTPP自体に参加するかどうかを決めればよいのに。。。

慰安婦発言に関することでも、Twitterなどでコメントを見ていて盲目というか「ああ、思考停止状態だなあ」と思うものが沢山ありました。

○「女性の人権の冒涜」という発言○

まず彼の発言のどこが女性の人権を否定しているのでしょうか。慰安婦制度が確かに存在したということを肯定することが女性の人権を否定するのだとしたら何ですかそれ、臭いものには蓋をしておけということでしょうか。慰安婦=女性の人権問題という風に安易に捉えるのは良くありません。(もちろんしっかりと考えられた自論を主張をしている人もいます。それが正しいとか間違っているとか言うつもりはありません。私も何が正しいのか知りませんので)

もう一回言いますけど、「大戦中、当時は慰安婦という制度は必要だった」という発言のどこが人権冒涜でしょうか?慰安婦制度が存在していたことは女性の人権冒涜でしょうか?じゃあロシアやドイツがやったことも人権冒涜ですよね。なぜ日本だけが批判されるのでしょうか。

発言の意図の一つに、彼はこの点を正そうとしているのだと思います。何が悪かったかをしっかり捉えて、反省すべきであると言っているのです。なんでもかんでもすぐにゴメンナサイをすればよいという日本人的発想(参考:謝らないアメリカ人 すぐ謝る日本人―生活からビジネスまで、日米を比較する)ではなくて、「正すべきところを正す」を目指しているわけです。私は素晴らしいことだと思います。そのためには「慰安婦=日本の罪」という安易な間違った認識を改めるために今回の発言は非常に効果があったと思います。

○慰安婦=日本の罪という安易な発想○

ここまで書いてきたとおり、慰安婦制度があったことそのものは(現代の倫理観からみればこれ自体を肯定するわけではありませんが)世界中で当時は仕方なく行われていたわけです。これは紛れもない事実です。それを認めずに臭いものとして蓋をして、ちゃんと向き合わずに謝罪をしてどうするんですか。それこそかつて慰安婦だった方への冒涜だと私は思います。

「良くわかんないけど、騒ぐと世間が五月蝿いから、とりあえずゴメンね」という風に聞こえます。

「慰安婦について、申し訳ありません」じゃなくて「慰安婦について、あなた方の意に反して強制連行をして申し訳ありません」とか、ちゃんと何に対して謝るかを明確にすべきです。(この例は「もし強制連行していたらの話」ですよ。念のため断っておきますが、強制連行の証拠はありません。)

慰安婦制度があったから「娘を売り飛す親がいた」

履き違えていますが、娘を売った親が悪いのです。そして韓国では娘を売らないといけないような世の中になっていたのだとしたらそれは韓国の問題です。慰安婦問題にかこつけて日本に全ての責任を押し付けるなといいたい。

◇結論◇

橋下さんの発言は悪くないと思う。悪いのは勝手に尾ひれをつけて報道しているメディアやその尾ひれに惑わされて騒いでいる国民であると私は思います。(ここで善悪の話を持ち出すのは余計ですが、敢えてそういう表現をします)
マスメディアのレベルが低いのはマスのレベルが低いのだと思います。人権問題とかそれっぽい概念に惑わされるから、マスメディアも「売れる」と思って安易な発言をしているのです。今回の橋下さんの発言について社説を展開した紙面は私が見た限りありませんでした。 つまりこの発言は「周囲の紙面もやっているとおり橋下さんを悪者にして、国民と騒ぐだけにしておこう」という魂胆が見えます。それだけで国民が喜ぶからです。

我々大衆がしっかりと考える目を持って報道を客観視する。自分の頭で考えて、足りない知識は勉強して補いながら自論を持つ。それぞれが考えることでマスメディアもレベルの低い論調はできないし、政治家も自分の意見をしっかり持った発言をしないとレベルの高い国民から突っ込まれる。国民主権とは選挙に行くことじゃなくて、国民一人ひとりが政治問題としっかり向き合うことだと思います。

橋下さんはそういう未来を夢見て、自分の政治生命をかけて慰安婦の発言をしているのだと確信しています。

以上

ハタラクティブ
関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク